【明治神宮野球場】人気No.1グルメ!日本唐揚協会と共同開発し、マツコも絶賛「じんカラ」と「おやじんレモ」

明治神宮野球場

2023年9月13日、東京ヤクルトスワローズVS広島東洋カープの試合を観戦に神宮球場へ。前回ブログで、キッチンカー「アスレキッチン」で販売しているヤクルト入り唐揚げを紹介しましたが、今回はその続編ブログになります。

前回ブログでヤクルト入り唐揚げとビールを食べましたが、それだけではお腹いっぱいにならなかったので、他にも気になっていた球場飯を追加購入しに行きました。

外観・メニュー

その球場飯を販売しているお店は神宮球場内に複数店舗あり、割りとどこでも買うことができる、神宮球場を代表する球場グルメなんだとか。それを購入できる一番近い店舗に向かうべく、外野バックスクリーン裏の16ゲート付近へ。

16ゲートの目の前にあるスタジアム売店。こちらでその商品を購入することができます。

お目当ての商品がこちら。日本唐揚協会と共同開発した神宮球場オリジナルからあげ「じんカラ」。

この唐揚げは神宮球場で5年連続人気No.1になった球場グルメで、通算50万食も売れているそうです。

HP上の説明書きには、「鶏モモ肉を使用し皮を外側に丸めて揚げることによって、外はカリッと中は肉汁が溢れてジューシーな本格唐揚げに仕上げました。」と書かれていました。醤油・粉・油にもこだわっているんだとか。

こちらのスタジアム売店のフードは、「じんカラ」の他に、神宮球場オリジナルのカツサンド「じんカツ」や、オリジナルのお菓子類も販売しています。

そしてドリンクには、神宮球場オリジナルのレモンサワー「じんレモ」と「おやじんレモ」も販売しています。じんレモは、すっきりとした甘みとほどよい酸味が特徴のレモンサワー。おやじんレモは、ホロ苦さからどこか懐かしさを感じる本格派レモンサワーとのことで、2種類共じんカラとの相性が抜群なんだとか。

こちらの「じんカラ」と「おやじんレモ」は、TBSの人気バラエティ番組「マツコの知らない世界」のスタジアムグルメの世界で取り上げられ、マツコ・デラックスが絶賛していた球場飯です。なので、じんカラ(700円)と、おやじんレモ(700円)を購入することにしました。

その他にも、スワローズの選手とコラボしたオリジナルドリンクが販売されています。

アルコールだけではなく、ソフトドリンクも販売。

レジ横のショーケースには大量のじんカラが並べられていました。さすが球場人気No.1グルメ、なかなかえげつない量ですね(笑)



実食

購入したじんカラ(700円)と、おやじんレモ(700円)をいただいていきます。ついさっきにヤクルト入り唐揚げも食べたので、この日は唐揚げづくしの日になりました(笑)

じんカラは1パック5個入り。

大きさはヤクルト入り唐揚げとほぼ同じで、卓球のピンポン玉より少し小さめなサイズ感。

食べてみると、やわらかくてビックリ。容易に噛み切れます。皮はサクカリで、お肉はしっとり。脂ものってジューシーです。ニンニク醤油の味がしますが、濃すぎないレベルの味付けです。

食べた後、ほんのり口に辛味が残るので確認してみたら、唐辛子のような物がお肉の間に入っていました。なかなか面白い。

唐揚げを食べつつ、おやじんレモも飲んでいきましょう。

やや白濁した見た目のレモンサワー。ほんのり苦味があり、甘味はそこまで強くなくて後味スッキリ。飲んだ後、レモンの風味が鼻に抜ける。ビターな感じであっさりスッキリして飲みやすいので、暑いときはゴクゴク飲めてしまいます。これは唐揚げだけでなく、他の揚げ物や味の濃い物にも合うでしょうね。

いやー、なかなか美味しい組み合わせでした。神宮球場No.1グルメで、マツコもハイクオリティと絶賛していただけのことはありますね。



野球観戦

唐揚げをたっぷり食べてお腹が満たされました。そして、いよいよ試合開始。この日はビジター側、カープファンで真っ赤に染まったレフトスタンドで観戦。

応援しながら筋トレもできる、カープ名物のスクワット応援も今シーズンから復活。カープファンの熱い応援を間近で感じることができました。試合は初回にヤクルトが3点を先制。カープは堂林のホームランで1点を返すのがやっと。5-1でヤクルトスワローズが勝ちました。

勝利投手:吉村(ヤクルト)

敗戦投手:大瀬良(広島)

本塁打:(広島)堂林10号 (ヤクルト)オスナ21号、村上28号



まとめ

東京ヤクルトスワローズVS広島東洋カープの試合を観戦に神宮球場へ。前回ブログでヤクルト入り唐揚げを紹介しましたが、今回はその続編ブログになります。ヤクルト入り唐揚げとビールを食べましたが、それだけではお腹いっぱいにならなかったので、他にも気になっていた球場飯を追加で購入することに。

お目当ての品は、神宮球場で5年連続人気No.1になった球場グルメで、日本唐揚協会と共同開発した神宮球場オリジナルからあげ「じんカラ」。それと、神宮球場オリジナルのレモンサワー「おやじんレモ」。販売店舗のスタジアム売店は神宮球場内に複数店舗あり、割りとどこでも買うことができます。この2品は、TBSの人気バラエティ番組「マツコの知らない世界」のスタジアムグルメの世界で取り上げられ、マツコ・デラックスが絶賛していた球場飯です。

じんカラは1パック5個入りで、大きさは卓球のピンポン玉より少し小さめなサイズ感。食べてみると、容易に噛み切れるほどやわらかくてビックリ。皮はサクカリで、お肉はしっとり。脂ものってジューシー。ニンニク醤油の味がしますが、濃すぎないレベルの味付け。

おやじんレモは、ほんのり苦味があり、甘味はそこまで強くなくて後味スッキリ。飲んだ後、レモンの風味が鼻に抜ける。ビターな感じであっさりスッキリして飲みやすいので、暑いときはゴクゴク飲めてしまう。他の揚げ物や味の濃い物にも合うでしょう。

なかなか美味しい組み合わせでした。神宮球場No.1グルメで、マツコもハイクオリティと絶賛していただけのことはあります。

ちなみに試合は5-1でヤクルトスワローズが勝ちました。



同一球場ブログ



店舗情報・外部リンク

店舗情報

スタジアム売店

TEL:03-3404-8999

住所:東京都新宿区霞ヶ丘町3-1 明治神宮野球場

【外野】1.13.16ゲート付近【内野】3.4.6.8.9.11ゲート付近

アクセス:東京メトロ銀座線 外苑前駅から徒歩5分、都営大江戸線 国立競技場駅から徒歩12分、JR中央・総武線 信濃町駅から徒歩12分、JR中央・総武線 千駄ヶ谷駅から徒歩15分

https://jingu-stadium-gourmet.com/wp-content/uploads/2023/03/2023_gourmetguide_compressed.pdf

神宮球場グルメサイト
明治神宮野球場のグルメに関する情報を発信!神宮グルメの名物である「じんカラ」をはじめ、スタミナ満点の料理や、おつまみ、スイーツなど様々なメニューをご用意しております!
神宮球場グルメサイト
明治神宮野球場のグルメに関する情報を発信!神宮グルメの名物である「じんカラ」をはじめ、スタミナ満点の料理や、おつまみ、スイーツなど様々なメニューをご用意しております!
スタジアム売店 (外苑前/売店)
★★★☆☆3.15■予算(夜):¥1,000~¥1,999
https://twitter.com/jingu_stadiumpr/
ブラウザーをアップデートしてください | Facebook

コメント

タイトルとURLをコピーしました